MENU

個人エステ店のホームページ制作の料金相場!HP制作会社に依頼した場合の費用とは

エステサロンを開業するために最も必要なことは集客です。どんなに良いサービスを提供していても、集客できていなければ意味がありません。

そこで重要なのがホームページを用意してインターネットで新規の顧客を獲得することです。

今回はそんなホームページを制作するのにかかる費用について解説していきます。

目次

個人エステ店規模のホームページ制作にかかる費用

ホームページ制作をするとなれば多くの場合は外注することになるでしょう。

実際に業者へ外注した事がある人は少ないでしょうし、相場についてはあまり一般に知られていません。

通常だとホームページ制作は10ページ程度のもので30~50万円程度かかります。

ページ数が増えればそれだけ作業量が増えるので金額は高くなり、20ページ程度だと40~70万円、50ページ程度であれば70~100万円となっていきます。

一般的なエステサロンのホームページで何十ページも必要になることはありません。

多くの場合で10ページ以内に収まりますから30万円ほどと考えておいて良いでしょう。

あわせて読みたい
個人エステ店が集客するためにホームページで必要なコンテンツとは エステサロンを開業する際に、制作しておいて損がないのがホームページです。 しかし、ただホームページを制作しただけでは、集客に繋がらないことがあります。 多くの...

個人エステ店規模のHP制作費の支払い方法で費用が変化

従来通りの支払い方法(一括・分割払い)

ホームページ制作をお願いした場合の支払いで想像するのはこちらが多いでしょう。

依頼したホームページを納品してもらい、その費用を一括あるいは分割で支払うというものです。

完成品に対しての支払いのため、後々ホームページを変更したい場合や更新作業などをお願いしたい場合別途費用がかかってしまうため、なかなか修正をすることが難しくなります。

一括の場合は特にまとまった金額が必要になるため初期費用が高くなるというデメリットもあります。

サブスク型の支払い方法

近年では様々な業界で導入されているサブスク型の支払いがホームページ制作サービスでも導入されつつあります。

エステサロンのホームページ規模であれば初期費用で3万円ほど、月額が1万円ほどで1年目は15万円程度の支払いというのが一般的です。

従来の支払い方法と比較して初期費用が安く抑えられる半面、長期的に利用すると割高になる可能性も高いです。

しかし、サブスクで利用している間は比較的気軽にホームページの内容を更新しやすいですし、不要になれば解約してそれ以上の支払いは発生しなくなります。

もちろん解約すればホームページ自体がなくなりますし、更新しない場合でもホームページが必要であれば毎月支払いをする必要があるためどちらの支払い方法が良いかはケースバイケースです。

トレンドにあわせて柔軟に更新したい場合はサブスク型の方が便利なのは間違いありません。

ホームページ制作費の内訳と目安

企画構成費

ホームページ制作の基礎部分で、どのようなホームページを作りたいかの要望聞き取りやサイト全体の構成についての作業にかかわる費用のことです。

費用としてはホームページ全体の規模感によって変動しますが、およそ3万円~が一般的です。

企画制作、ディレクション

実際にホームページを制作する際には複数人のチームで分担して作業を行うことが一般的です。

その全体を統括して指示をする人が必要になりますから、そのための費用ということになります。

相場はホームページ制作費用全体の1~3割程度になりますので、エステサロンなどの場合は3~9万円程度の範囲になります。

また、場合によっては企画構成とディレクションを1つにまとめて10万円前後という形になることもあります。

制作費、デザイン

ホームページ全体のデザインを作っていく部分です。

主にトップページのデザインとそれ以外のページのデザインで分類されていて、ホームページの顔であるトップページはよりデザインに力を入れるのが一般的なため5~10万円程度、場合によってはもっと高くなるケースもあります。

トップページ以外の下層ページのデザインはトップページデザインを踏まえたもので3~4万円程度になることが多いです。

ライティング

ホームページに使用する文章を用意する費用です。

内容によってピンキリなため相場というものはなく都度相談するのが基本ですが、およそ2万円程度はかかると考えておきましょう。

SEO対策・マーケティング

検索エンジンで上位に表示されやすくして新規の顧客を呼び込みやすくするためのものです。

狙いたいキーワードや内容によって大きく難易度が違うため相場はありません。

撮影

ホームページに掲載する写真を撮影する部分で、プロのカメラマンによる撮影が基本です。

撮影する点数などによっても大きく費用は変動するため相場はありません。

バナー制作・画像加工、イラスト制作

イラストなどは必要な点数や内容によって大きく価格が変動するため相場はありませんが、ロゴについては5万円~が一般的です。

コーディング

実際にホームページを作るためのコードを書く作業です。

すごく簡単に言ってしまえばプログラムを書いていく作業みたいなものだと想像してもらえれば大丈夫です。

トップページでは2万円~、下層ページでは1万円~が相場ですが、既に用意されている雛形を用いるケースではもう少し安くなることもあります。

ドメイン・サーバー取得

ホームページを公開するために必要なURLやデータの置き場所であるサーバーを用意するための費用です。

ここもピンキリですが、エステサロンのホームページであればそれほど高額になることはないでしょう。

維持・管理費

ホームページを維持していくために必要な費用です。

制作したホームページの更新作業などがあれば別途料金がかかってくるため都度相談することになります。

このように、ホームページ制作においてはある程度の相場というものは存在するものの、求めるクオリティやページ数といった規模によっても費用には大きな差が出てきます。

また、制作のスケジュールがタイトであればそれだけ高くなりますし、様々なオプションを付けていけば更に高額になります。

ホームページ制作をする際には予算を先に決めてその中で必要なものを優先していくのが良いでしょう。

あわせて読みたい
個人エステ店向けホームページ制作会社の選び方とは? 個人でエステサロンを開業した場合、集客をどうするかが問題です。手軽に集客するならホームページがおすすめです。大手メディアに広告を出すより少ない費用でお店の認...

予算から考えるホームページ制作

予算30万円以内の場合

簡易的な最低限のホームページを作成することがメインになります。

独自のデザインを追及するような余裕はありませんので、制作会社が用意しているテンプレートデザインを用いてコストカットするような形が一般的でしょう。

もちろん独自デザインができないというだけで、十分に実用的なテンプレートデザインが用意されています。

また、WordPressなどのCMSを利用して制作することで後々の簡単な更新作業を依頼者側で行えるようにしてランニングコストを抑える事も可能です。

予算30~50万円の場合

これくらいの予算があればホームページのデザインをオリジナルデザインにすることが可能になってきます。

エステサロンのイメージをより強くホームページに反映することができますし、同様にテンプレートを利用したホームページを公開しているところと差別化ができるため、ブランディングにも役に立つようになります。

発注する側の意見を多く取り入れることができるので要望通りのデザインにしやすくなります。

予算50~100万円の場合

この予算規模になってくるとオリジナルデザインだけでなく、ホームページを利用して戦略的に顧客を獲得することが可能になってきます。

ホームページのデザインやコンテンツにもトレンドというものが存在していますが、そこに柔軟な対応をしていくことが可能になります。

また、検索エンジンの上位表示といった部分や見た目のデザインだけでなく使いやすさを両立したデザインといった部分に力を入れることも可能な予算です。

予算100~200万円の場合

一般的なホームページであれば、かなり力を入れたものが完成します。

デザインは細部まで計算された完全オリジナルのものにできますし、SNSとの連携や独自の予約システム・決算システムなどを組み込むことも可能になります。

この予算を用意できればホームページ制作においてほとんどの要望は通ると考えて良いでしょう。

あわせて読みたい
個人エステ店がホームページを持つメリットとデメリットとは 皆さんは何かしら新しくサービスを利用する時に、そのサービスについて知りたいことがあればどうしていますか? 多くの場合で知人の口コミやインターネットで調べるとい...

費用をなるべく安く抑える方法

自分でできることはホームページ制作から削る

ホームページ制作において、工数が増えればそれだけ費用も高くなります。

お金をかければクオリティの高いホームページを作ることはできますが、逆に自分でできることはホームページから極力削ることで安価に仕上げることも可能です。

例えば集客を完全にホームページで行うのではなく、SEO対策などの最低限のものをしっかりと作りこんで、基本的な集客はSNSへの投稿などを利用して行うといった具合です。

また、写真の撮影なども得意であれば自分で行っても良いでしょう。

フリーランスや友人に依頼する

ホームページの制作会社には沢山のプロが務めているため様々な面で高いクオリティが安定して提供できます。

一方でその分だけ1件あたりの案件でより多くの利益をあげなければなりません。

その点でフリーランスや特定の友人に依頼した場合、最低限の費用で済むケースがあります。

エステサロンのホームページに難しい仕組みは不要ですから、専門の業者でなくても十分なクオリティを確保できるケースも多いでしょう。

あわせて読みたい
個人エステ店のホームページを無料で制作する方法!HPが作れるサービス10選 「無料ホームページってなんかしょぼそう…」と思った方も居ると思いますが、実は結構優秀なサービスなんです。 集客のために1人でも多くの方にホームページを見てもらう...

エステサロンのホームページ制作費用についてまとめ

ホームページ制作にかかる費用はクオリティや希望する内容によって大きく変化します。

もちろん出来が良いホームページがあった方が良いのは間違いありませんが、予算の都合もあるでしょう。

基本的には予算を先に決めてその範囲で最大限良いホームページを作る方向で考えることになります。

どういった部分にいくら費用がかかるのか把握できれば、どこを節約してどこにお金をかけるのかが見えてきますので、そのうえでホームページ制作をすることをおすすめします。

目次
閉じる