MENU

個人エステ店が自力でホームページを作る方法!メリットやデメリット&必要なものまとめ

エステサロンの開業と同時にホームページを用意するケースが増えています。

ホームページがあればサロンの認知度アップや集客などプラスの効果が期待できます。しかし費用が心配です。

そこで今回はお金をかけずに個人でホームページを作る方法を解説します。

目次

業者に頼らずに自分でホームページを制作するメリット

まずは業者を利用せずに自力でHPを作る利点について解説します。

費用面の他にも見逃せないメリットがありますから、ぜひ確認してください。自分でHPを作るモチベーションの向上につながります。

少ない予算でHPを用意できる

自分だけでHPを作る最大のメリットは費用を大幅に抑えられることです。

業者に頼めば最小の構成でも10万円以上かかります。もしデザイナーにオリジナルデザインを依頼すると、さらに10万円以上の追加費用を求められるでしょう。

全て自分だけで作れば費用はサーバーやドメイン料金くらいで済みますから業者に依頼する場合に比べて10分の1の3万円程度です。

追加費用の心配もほとんどありません。

開業間もない頃は資金が比較的潤沢にある場合でも、時間が経過するごとに資金繰りが苦しくなることもあります。

運転資金を可能な限り確保しておくことは安定した経営に欠かせません。安くHPを作成することは経営が不安定な時期には大きなプラスになるでしょう。

あわせて読みたい
個人エステサロンがホームページを持つメリットとデメリットとは 皆さんは何かしら新しくサービスを利用する時に、そのサービスについて知りたいことがあればどうしていますか? 多くの場合で知人の口コミやインターネットで調べるとい...

好きなタイミングでコンテンツの追加やデザインの修正ができる

HP制作を外部に頼むと200文字程度の文章を加えるだけでも業者に依頼しないとできない場合があります。

そのため突発的に行うキャンペーンなどの情報をHPで伝えようと思っても、予定の時間までにHPを更新できないケースがあります。

自分でHPを1から作った場合は自由自在にHPを更新できます。途中でデザインをガラリと変えることも思いのままです。

業者に依頼するより柔軟なHP運営ができるようになります。

あわせて読みたい
ホームページ制作の料金相場!個人エステ店がHP制作会社に依頼した場合の費用とは エステサロンを開業するために最も必要なことは集客です。どんなに良いサービスを提供していても、集客できていなければ意味がありません。 そこで重要なのがホームペー...

自分でホームページを作るデメリット

自力でHPを作る場合、いくつかトラブルを抱える可能性があります。

業者に頼れば回避できる問題も全て自分で解決しなければなりませんから、ここで代表的なトラブルを把握しておきましょう。

ホームページは短時間では作れない

HP作成は一般の方が想定するよりも長い時間がかかります。初めて作るならツールの使い方から勉強する必要があります。

技術が身についてもHPの作成の前にはHPに載せるべき情報の洗い出しや、デザインやターゲットの選定などが必要になります。

便利なHP作成ツールが数多くリリースされていますが、それを利用しても自分の思い描くサイトを構築するのには時間がかかるでしょう。

1日、2日では納得いくHPは作れません。本業をこなしながら片手間でHP作成をするのは大変なことです。

あわせて読みたい
個人サロンが集客するためにホームページで必要なコンテンツとは エステサロンを開業する際に、制作しておいて損がないのがホームページです。 しかし、ただホームページを制作しただけでは、集客に繋がらないことがあります。 多くの...

分からないことがあっても誰も助けてくれない

HP作成はプログラムに似ている一面があり、思い通りに動かなかったり、デザインが狂ってしまうことが珍しくありません。

一人でHPを作ると、そんなときに頼れる相手がいないため苦労します。どうすれば意図通りに表示されるのか分からないまま、ただ思考錯誤を繰り返すことになるため心が折れてしまうこともあるでしょう。

また、なんとか見栄え良くHPが仕上がってもセキュリティ面の対策が不十分なためにハッキングされる可能性もあります。

専門家の知識なしでやるHP作成のハードルは決して低くありません。

プロの品質には遠く及ばない

素人が作るHPはどれも同じような仕上がりになります。デザインを既存のテンプレートに頼るため、見た感じが似てしまうのは仕方ありません。

自分でデザインできれば問題を解決できますが、それは簡単じゃありません。高額なツールか高い専門知識が必要になります。とても片手間ではできないでしょう。

エステサロンを利用する女性はホームページのデザインがイマイチだとオーナーのセンスに疑問を感じるため別のサロンを探します。

集客をする目的で開設したHPのせいで、お客を逃したのでは悔やみきれません。

HPに集客力を期待するなら業者に依頼するか、誰に見せても恥ずかしくないHPに仕上がるまで公開しないほうがいいでしょう。

無料のHP作成サービスは使っても大丈夫?

可能な限りHP関連の費用を抑えたい場合、無料のHPサービスを使いたいと考えるでしょう。しかし、こういったサービスは企業のHPとしては不適切です。

無料HPサービスの多くは広告収入が経営を支えています。そのためサービスを使って作られるページには全て広告が挿入されます。

ページの一番目立つ所に自社サービスとはまったく関係ない健康食品やコンプレックス商品の広告が入ります。

人によっては気分を害するような広告ですから、会社のイメージを下げる結果になる危険性があるでしょう。

また、急にサービスを終了してしまうリスクもあります。利用規約が突然変わり、商用利用ができなくなる可能性もあります。

HPでお客様と信頼関係を結びたいなら無料HPサービスは利用すべきではありません。

あわせて読みたい
個人サロン用のホームページを無料で制作する方法!HPが作れるサービス10選 「無料ホームページってなんかしょぼそう…」と思った方も居ると思いますが、実は結構優秀なサービスなんです。 集客のために1人でも多くの方にホームページを見てもらう...

一人でホームページを作るために用意すべきもの

制作ツールを動作させるためのパソコン

パソコンは絶対に必要になります。スマホから簡単にHPを作れるアプリやWEBツールはいくつかありますが、いずれも柔軟性が低く思い通りには作れません。

パソコンであれば全てのデバイス用のページが作成できますし、作業を効率的に行えます。スマホは1度に1つのアプリしか起動できませんから、参考にしたいHPを見ながらデザインを設定できません。

購入するパソコンはエントリークラスの比較的安価なものでかまいません。ただし、モニターは目に優しいものを選びましょう。

長時間の作業になりますから明るすぎず、正確な色が出るモニターを購入してください。

初心者でも使いやすい編集ソフト

編集ソフトとはHPのデザインや文章を簡単に修正できるツールのことです。編集ソフトが無いと背景色を変えるだけでも手間がかかります。

自分でHPを作る場合、本業の合間の隙間時間を使うことになります。

少ない作業時間で効率的にHPを作るためにも、すぐれた編集ソフトを使いましょう。

選ぶなら日本で利用者が多いものがおすすめです。入門サイトが数多くあるため習得しやすいです。

HPのアドレスとなる独自ドメイン

ドメインとはHPのインターネットにおける住所に該当するものです。

ドメインは無料で利用できるものと有料のものがありますが、集客目的でHPを作成するなら有料のもの選びましょう。

無料ドメインでもHPは公開できますがグーグルから評価されません。

検索結果の後ろのページにしか表示されませんから、見てもらいたい層の目にHPが入る可能性は低くなるでしょう。

サーバー

サーバーはHPを置く場所です。

自分で用意することも可能ですが専門知識が必要になり、パソコンを用意する必要もあるため業者からレンタルするのが一般的です。

大切なHPを置く場所ですから10年以上の運営実績がある会社が貸し出しているサーバーを選びましょう。

あわせて読みたい
個人サロンはクーポンサイトで集客できない?クーポンサイト掲載のメリットやデメリット 新たにエステサロンを開業する際、まず行わなければならないのが宣伝と集客です。 多くのお店がクーポンサイトを使うことで周知し、関心を持ってもらう方法を取っていま...

初心者がホームページを作る場合に利用できる2つの方法

①HTMLを直接打って作成する

HTMLと呼ばれる専用の言語を用いてHPを作成する方法です。

もっともベーシックな手法ですが、1からHTMLを全て打ち込んでいると時間がかかりすぎるためテンプレートを使って効率的に作ります。テンプレートとはHPの型だと思ってください。

HTML、CSS、JavaScripの3つの言語からできていますが、その全部を完璧に覚える必要はありません。テンプレートの多くはカスタマイズする場所が決まっていますから、案内に従っていくつか修正するだけで自分の好みを反映したHPが完成します。

デメリットはHTML、CSS、JavaScripの基礎知識が必要なことです。まったく何も知らないと、ちょっとしたデザインの修正もできません。

<制作の流れ>

  1. HPを置くサーバーを借りる
  2. 独自ドメインを契約する
  3. テンプレート(HTML・CSS・JavaScrip)を修正・加筆する
  4. テンプレートを全てサーバーに保存する

サーバーは必ず商用利用可能なところを借りてください。ドメインやjpやcomといった認知度が高いものをえらびましょう。作成したHPを信用してもらえます。

HTMLを直打ちしてHPを作る場合はコーディング以外の手順でもいくつか専門知識を勉強する必要があります。

とくにサーバーにテンプレートファイルを保存する際には注意してください。ファイルが不足していたり、属性が適切に設定されていないと正常に動作しないこともあります。

テンプレートのドキュメントをよく読んでファイルの保存方法を確認してから、ファイルをサーバーに送りましょう。

②ワードプレスなどの有名なCMSを利用する

CMSとはコンテンツマネジメントシステムの略で、簡易にHPを作るのに利用されるプログラムのことです。

CMSのなかでも日本国内で広く利用されているのがワードプレスです。10年以上、個人から企業まで様々なタイプのHPで利用されています。実績の面では1番のCMSと言えます。

CMSを使ってHPを作る利点はHTMLやCSSといった専門知識が不要なことです。

文章や写真をCMSの案内に従って加えるだけでプロがデザインしたセンスあるHPが完成します。

ページを増やすのもボタンひとつでできます。素人が限られた知識で業者に負けないデザインのHPを用意するならCMSは最良の選択です。

<制作の流れ>

  1. HPを置くサーバーを借りる
  2. 独自ドメインを契約する
  3. CMSを導入する
  4. HPのコンテンツを作成する

サーバーとドメインの契約は運営実績の長い日本の企業を利用しましょう。

海外企業から安く購入することも可能ですが英語でのやり取りになることもあるため、おすすめできません。

CMSの導入に不安を感じる方はボタンひとつでCMSを導入できるレンタルサーバーを利用しましょう。

必要なセットアップを全自動でやってくれます。利用者はデザインを選ぶだけです。

CMSを使ったコンテンツの作成は利用するCMSテンプレートで大きく難易度が変わります。

日本のサイトで使い方が解説されているCMSテンプレートを利用すればHP作成が捗るでしょう。

自力でホームページを作成する方法のまとめ

業者に頼らず自分だけでホームページを作るメリットは安く作れることと、自由にコンテンツを追加したりデザインを修正できるところです。

しかし、思いどおりのデザインにするには専門知識を学習する必要があります。

不足している知識を補うにはCMSなどのテンプレートエンジンを利用するのが効果的です。

手軽にハイセンスなHPが出来上がります。

各種ツールを適切に使えば素人でも見劣りしない集客力があるHPを作れるでしょう。

目次
閉じる